窓ガラスが割れた時の掃除方法と修理(応急処置)

ガラスが割れた時の片付けとガラスの修理方法

ガラスが割れたら何をする?

ガラスが割れた時に気を付けなければならない事は二次被害です。

その為、ガラスが割れた時には割れたガラスとその周辺に近づかず、当店または別のガラス屋に修理を依頼する事をオススメします。

「ガラス屋の営業時間外にガラスを割ってしまった。」「予算上、新しいガラスに替える予定がない。」等、今すぐガラス屋にガラス修理を依頼出来ないご事情があり、ご自身でガラス片の掃除を行う時は十分ご注意ください。

裸足の状態では飛散したガラス片を踏んで怪我をする恐れがありますので、スリッパや靴を履いてガラス片を踏んでしまっても怪我をしないようにしましょう。また、飛び散ったガラス片を拾ったり、窓枠に残ったガラス片を取り外す時、素手で行うと大変危険です。軍手をして割れたガラスで手を切らないように気を付けましょう。

割れたガラスは鋭利になっており、大変切れやすくなっています。掃除や修理(応急処置)を行う時は慎重に作業してください。

割れたガラスの掃除方法について

割れたガラスの掃除の仕方

掃除を始める前に(準備するもの)

まず初めに、ペットを飼われていたり、小さなお子様が居られるご家庭であれば、ガラスが割れた部屋に入ってこれないようにしましょう。

次に、ガラス片による二次被害を起こさない為に、素手や素足は厳禁です。

ガラスが割れると意外と遠くまでガラス片が飛んでいます。また、目に見えにくい細かなガラス片が飛び散っていますので、手には軍手や手袋、足にはスリッパや中靴を履いてガラス片を触ったり踏んでも怪我をしないような服装に着替えましょう。なお、軍手や手袋は二枚重ねで使用するとより安全です。

最後に、ガラス片を掃除・廃棄する為の道具として、ほうき・ちりとり・ハンマー・雑巾・新聞紙をご準備ください。

掃除の手順

1.大きなガラス片を手で拾う

割れたガラスの破片の中から、手で拾えるサイズのガラス片を拾って新聞紙で包みましょう。この時、大きすぎるガラス片は新聞紙で包んだ後にハンマーで叩き割り、廃棄しやすい大きさにしておきましょう。

2.飛散した細かなガラス片を掃除する

ほうきで周辺に飛び散った細かなガラス片を集めて新聞紙で包みます。ガラス片は意外と遠くまで飛んでいますので、なるべく広い範囲を掃除してください。

細かなガラス片は、目には見えにくいので怪我をしないように十分ご注意ください。

3.雑巾で見えないガラス片を拭き取る

手やほうきで取り切れなかった細かいガラス片を掃除する為、濡らした雑巾で床を拭き、拭き終えた雑巾はそのまま雑巾ごと捨ててください。

懐中電灯やスマートフォンのライト等で光を当てると光が反射してガラス片を見つけやすくなります。

4.廃棄する時は分かるように捨てる

ガラス片を包んだ新聞紙や雑巾を捨てる際、最後にもう一度新聞紙で包んだ後にガムテープで巻きガラス片が新聞紙から飛び出さないようにしましょう。

その後、「ワレモノ注意」や「割れたガラス」等、貼り紙をして捨てましょう。なお、ガラス片を捨てる際、自治体により分別が異なりますので、お住まいの地区の分別方法に沿って処分してください。

窓ガラスが割れた時の応急処置方法

割れた窓ガラスの補強

割れた窓ガラスの修理(応急処置)の方法として、ダンボールやテープを使います。

窓ガラスのひび割れの場合、ひびに沿ってテープを貼り補修します。この時、テープは紙製よりも布製の物を使用しましょう。また、ガムテープは熱に弱く、接着部分が溶けて剥がしにくくなる恐れがあるので、防水性の高いアルミテープがオススメです。

割れてガラス片が残っている窓ガラスの場合、割れて穴が開いている箇所だけでなく、窓全体をダンボールで多いテープで固定します。この時、防水対策としてブルーシートやゴミ袋などで覆ってからテープで固定する事をオススメします。

なお、テープを貼る際は*印のように縦・横・斜めに貼って補強しましょう。

割れ方から見るガラスが割れた原因

ガラスが割れる原因には、台風や地震等の災害により窓ガラスが割れてしまうケースや、泥棒に割られてしまうケース、熱割れや錆割れにより自然に割れてしまうケースがあります。

割れた原因により、ガラスの割れ方が変わります。それぞれの割れ方についてご紹介致します。

衝撃により割れた窓ガラス

物理的な衝撃による割れ

ガラスが割れる最も多い原因が物理的な衝撃による割れです。

これは、人が転倒した時に窓に当たった衝撃や、地震で家具が倒れて窓に当たった衝撃、台風で石や瓦などの物体が窓に当たった衝撃などにより割れる事です。

物理的な衝撃によりガラスが割れた時の特徴として、一点を中心に放射線状にヒビが入る割れ方をしています。また、物体が飛んできて割れた時には部屋の中に飛んできた物が入っていたり、ベランダや庭に落ちている事があります。

泥棒に割られた玄関の引き戸

泥棒が侵入する為に割った

空き巣や事務所荒しや出店荒し等、泥棒の多くは玄関や勝手口の扉や窓のガラス破りにより侵入します。

泥棒によりガラスが割られた時の特徴として、鍵の近くだけが割られていたり、物理的な衝撃で割れた時のような割れ方ではなくガラスが不規則な割れ方をしています。

熱割れした窓ガラス

熱割れ・錆割れ

ガラスが突然割れているといった事があります。これは熱割れが原因です。

まず熱割れですが、温度差により起こる現象です。

窓ガラスは直射日光が当たると、そのエネルギーの一部を吸収して温度が上昇しますが、窓ガラスの周囲はサッシの中に入っている為、直射日光が当たらない事やサッシや躯体からの放熱もあり、温度が上昇せず、温度差が生じ、窓ガラスがひび割れます。

特に、ガラスにワイヤーを封入している網入りガラスで起こりやすい現象です。また、網入りガラスは封入されたワイヤーが経年劣化や雨水による劣化によってワイヤーが錆びてガラスが割れる「錆割れ」も起こります。

熱割れ・錆割れどちらも割れた時の特徴として、ひびが長く1本入っていたり、ガラスの端からひび割れが始まっている割れ方をしています。

ガラスの交換ならガラス屋ミーアへ

窓や扉、障子や家具などのガラスの割れ修理なら、年中無休・お見積もり無料のガラス屋ミーアにご依頼ください。

当店、一般的な透明ガラスの他、すりガラスや型板ガラス、網入りガラスや防火ガラス、防犯ガラスや防音ガラス等、ガラスを種類豊富に取り扱っております。

割れたガラスと同じガラスに交換はもちろん、防犯対策の為に窓のガラスを防犯ガラスに入れ替える事も可能です。

窓ガラスの修理費について

ガラス屋ミーアは、ガラス代や作業代など全て込みの料金をお伝え致します。

使用するガラスの大きさや種類によりお値段が異なる為、明確な金額に関しましては当店スタッフが出張料無料で現場にお伺いしてお見積もりをさせて頂きます。

なお、お見積もり後にキャンセルされましても料金は一切かかりませんのでご安心ください。

各ガラスの最低料金は下記の通りです。すべて税込価格です。

下記に記載がないガラスも取り扱っております。お気軽にお問い合わせください。

透明ガラス交換
17,600円~
すりガラス交換
17,600円~
型板ガラス交換
17,600円~
網入りガラス交換
38,500円~
複層ガラス(ペアガラス)交換
33,000円~
樹脂ガラス(アクリル板)交換
29,040円~
お問い合わせはコチラ
ページ上部へ