すりガラスをDIYで作る方法

すりガラスdiy

自宅で簡単にすりガラスを作る方法

ご家庭でガラス自体を作る事は出来ませんが、すりガラスに加工する事はDIYで簡単に出来ます。

透明ガラスの全体を完全に磨りガラスにする以外にも、加工前にマスキングを施す事で模様を作る事が出来る為、様々に楽しむ事が出来、簡単な工作や趣味にされている方も居られます。

窓や扉の硝子以外にもグラスやお皿など、市販の小さなガラス製品を好みにアレンジ、お家で手軽にガラスアートを楽しみたいという方に、2つの加工方法をご紹介致します。

サンドブラストでDIY

すりガラスの製造方法の1つに、サンドブラストという技法があります。

これは、ガラス表面に砂等の研磨剤を吹き付けるという、観光地のガラス細工体験でも使用される有名なガラスアート技法の1つです。

この技法で使用されるサンドブラスターという機械は、サイズも音も大きい業者仕様ですが、家庭用の手頃な機械もあり、ご自宅で趣味とする事も可能です。

とはいえ、機材一式を家に揃える事がなかなか難しい事でもあり、そもそもお値段がお高いです。

調べてみると、一万円以下でサンドブラスターを自作する方法がある様ですが、DIYの経験や道具がない素人には難しく、あまり使わないのであれば機材の置き場に困る事になります。

ある程度、本格的に続けていくのであれば検討してみても良いかもしれません。

そこで、より簡単かつリーズナブルな方法で、透明ガラスを磨りガラスに加工する方法がある為、初めての方はそちらの方法「エッチングクリームで加工」でDIYする事をオススメします。

エッチングクリームでDIY

エッチングクリームは、クリーム状の薬品です。

このクリームを透明ガラスに塗って数分間、放置するだけでガラスが腐食して、すりガラスに加工する事が出来ます。

エッチングクリームは、通販やホームセンター等で購入出来るので簡単に手に入れられます。

その他、ビニール手袋やマスキングテープ等、必要な物も簡単に手に入るので、 ご家庭でも簡単にDIYで磨りガラスを作る事が可能です。

エッチングクリームは、様々なメーカーから販売されており、物によっては医薬用外劇物、劇薬に当たる物もあり、購入の際に身分証明書が必要になる場合もあります。

その為、使用方法をしっかり守って出来る限り直接手で触れないように使い捨てのビニール手袋等を使用しましょう。また、お子様やペットの手が届かないように気をつけて使用しましょう。

安全な成分で作られたエッチングクリームも存在するので、ご心配の場合はそちらの製品の使用をオススメします。

DIYの手順は、すりガラス加工を施す透明ガラスにマスキングテープを貼ってお好みの柄に切り抜きます。

続いて、エッチングクリームを上から均一に塗り、数分間放置してガラスを腐食させた後、ヘラや流水でエッチングクリームを綺麗に落とし、マスキングテープを剥がして完成という流れになります。

安全面に注意さえしていれば作り方はとても簡単ですし、完成品もサンドブラストで作成したガラスアートとも大差の無い仕上がりになります。

しかし、サンドブラストと比較すると、すりガラスの目の細かさを調節出来ない事や削りの深さの調整が難しい事が挙げられますが、これらに拘りが無ければエッチングクリームでのDIYで充分満足出来るのではないかと思います。

すりガラスの交換はガラス屋ミーア

すりガラスをDIYで簡単に作る方法をご紹介しました。

しかし、実際にDIYしたものの納得いく物にならなかったり、DIYで作る自信が無いという方は、ガラス屋ミーアにお任せください。

最短即日で、窓・扉・家具・障子等の硝子を磨りガラスに交換します。

ガラスの交換なら年中無休・見積無料のガラス屋ミーアまでお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはコチラ
ページ上部へ